昼だけ食べるダイエットとその結果

独身の頃は体育会系ということもあり、常に運動と生活は切っても切れない関係でした。
でも、結婚してからなかなか運動の時間が取れなくて、また主人の仕事が深夜に終わり、夕飯は夜中の2時。
その時間まで起きて待っていると、主人が夕飯を食べる頃にまたお腹が空いて、一日気がつくと4食。
食べてすぐに寝ると、みるみるうちに太ってしまって最悪。
結婚して13キロ太りました。
結果、ダイエットをしようと一念発起。
置き換えダイエットを始めました。
朝は自作の特製野菜スムージーです。
小松菜やバナナやりんご、人参などの余り野菜を入れてミキサーでがーっと混ぜて完成。
お通じも良くなるし、栄養素も朝から取れて気持ちもすっきり。
そしてお昼はご飯を100gと決めて、後は肉や野菜の制限をつけずに食べたい物を食べました。
この時気をつけるのが、暖かい飲み物と一緒に取る事です。
冷えはダイエットの大敵なので、その点には注意しました。
小鉢を3品くらいちょこちょこつけることで、量は少なくても品数の多さでたくさん食べた気になります。
そして夜は野菜スープのみです。
キャベツたっぷりの野菜を、中華だしやコンソメ、またトマト風など味を変えながらゆっくり食べました。
この生活を続けていたら、2ヶ月で8キロの減量に成功しました。
しかし、3食しっかり食べる生活になかなか戻す勇気が出ません。
みるみるうちに太りそうで。
しばらく、前の体重に戻るまではこのダイエットを継続していく予定です。

28歳:S子

炭水化物抜きダイエットは忍耐力が必要

一時、怪我をし運動が出来なかった頃に試したダイエットが、「炭水化物抜きダイエット」です。
職場の男性がこのダイエットで16キロ痩せ、近くで見ていて簡単そうだったので始めました。
朝昼晩、おやつなどの食事制限は特に無いのですが、とにかく全ての食事から炭水化物を抜く事が必須。
最初の数日間は、お米大好き人間の私には辛いものだったのですが、するする体重が落ちる快感の方が勝り、炭水化物を欲しなくなっていきました。
ご飯の代わりに、ところてんや白滝を茹でて小さく刻みます。それをご飯茶碗に盛り、さも白飯を食べているような錯覚に自分を陥らせました。
また、キャベツを食事の前に、自作ドレッシングをかけてゆっくり頂くことにより、先に満腹中枢を満たしておくことも平行して実践しました。
炭水化物ということで、パスタやパンも勿論抜き。
このダイエットの辛いところは、お付き合いの外食も出来ないところです。
やはり誰かと食事をするうえで、場を盛り下げてしまうダイエットなので、NOと断る勇気だったり、また様々な誘惑から逃れられる忍耐力が必要です。
炭水化物を抜く事が、イコール昔の人間はエネルギーが出ないだとか、体に良く無いだとかで批判的だったりもします。
そういった視線も気にしない強さが必要です。
私はこの頃、実家暮らしだったので、最後は両親に反対されて途中で断念する結果となりました。
しかし、1ヶ月の成果は6キロ減ということで形に表れました。

(28歳:S子)

雑誌を使った踏み台運動でダイエット

私は典型的な下半身太りです。
顔やデコルテ、二の腕はスッキリしているのに、下半身がドーン。
それがずっと悩みの種でした。
女性ですから、時にはスカートを履いて出かける時があります。
その惨めなこと。
すらっとした脚の女性を見るたび、うらやましくて仕方がありませんでした。
しかし、ダイエットがなかなか長続きしません。食事制限、ウォーキング、DVDエクササイズといろいろやりましたが、どれも途中で飽きてしまうのです。
そんな私が成功したダイエットが踏み台運動ダイエットでした。
やり方は簡単です。10㎝ほどになるように数冊の雑誌を重ねて束ね、それを台として足踏みするだけ。
手を振るとより効果的かもしれません。
始めた頃は簡単すぎて飽きてしまうのではと思っていましたが、このダイエットを手助けするものが2つありました。
それはテレビと音楽プレーヤー。
ようはながらダイエットです。
テレビを観ながら、音楽を聞きながら、自分で決めた時間をひたすら昇り降りします。
私は1時間やっていました。
ドラマなんかを観ているとちょうどいいのです。
痩せるまで時間はかかりますが、結果的に-7kg。
腰回りがすっきりし、脚が少しだけ細くなりました。
お金もかからず健康的なダイエットなので、これからも続けようと思っています。
(28歳:H美)

最後に立ちはだかる『筋トレ』の壁

今まで色々ダイエットを試みて、ダイエットを本格的に始めた18歳の頃からトータルで10キロ痩せました。
メインでやってきたのは食事制限。
きちんと摂取カロリーと栄養のバランスを考えて食事を作っていたこともあれば、なかなか減らない体重にイライラして無理矢理1日1食や2食で過ごしたりしていました。
最初の目標だった45キロに到達したのが22歳の頃だったと思います。
この頃は無理な食事制限と仕事のストレスとが重なって健康的なダイエットとは程遠い生活でしたし、痩せたというよりやつれていました。
当然肌はかさかさで髪もぱさぱさ。
精神的にも限界でした。
数年後結婚して退職。
仕事のストレスから解放された私はリバウンド。
50キロ目前まで来て、結婚式を目標に再びダイエットを決意。
今回は主人という食事を作ってあげる人がいるので、栄養のバランスはかなり良かったです。
3キロほど落としたところで、今度は痩せるだけではなくきちんとスタイルも意識しようと思い筋トレを開始。
まずは定番の腹筋背筋から始めたんですが、10回も出来ませんでした。
続けているうちに30回連続で出来るようになったりと成果は出てきたんですが、見た目的な成果は出ず挫折。
やはりアジア人は筋肉が付きづらいんだ…と諦めてしまいました。
あれから3年ほど経ちましたが、意識しての筋トレは全くしていません。
していませんが、お風呂に入っているときや歯を磨いているときに「ついで」で出来る筋トレを始めたところ、半年かかりましたがうっすら腹筋が割れてきました。
現在ダイエットはただ痩せるだけではなく、スタイル向上のためにしています。
なかなか成果がでないので心が折れそうになるときもありますが、これが最後の壁だと思ってもう少し頑張ってみます。
(25歳:K美)

胸は痩せずに体脂肪を落としました!

私は五年前に神経の病気で入院してからずっと、寝たきりでした。
去年の夏ごろに退院したのですが、なにせ車椅子とベッドを行き来する生活だったので、すっかり筋肉がなくなってしまいました。

楽しみがない生活だったため、暇なときはお菓子ばっかり食べていたので、体重は大変なことになりました。具体的に言うと、43kgだった体重が58kgに。

そしてここまで来て、お菓子を食べるのがやめられないとか、運動が大変だという方々の気持ちが分かりました。

クッキーの袋を一日二袋は開けていた私ですので、ダイエットを決めた際に口がさびしいやらイライラするわで大変でした。
体重が増えて歩くのもしんどかったので、すっかり運動嫌いに。
ただ良かったのは、太ったことで小さかった胸がEサイズまで上がったこと。
これを励みにせっせと運動を開始しました。

体脂肪は29%ぐらいにまで上がっていましたので、目標は18%台。だけど胸はキープ。
これのために、毎日胸筋を鍛えまくりました。
胸筋があれば胸は減らないはず。
全身に筋肉をつけて基礎代謝を上げ、おやつは食べないで、お腹がすいたらバナナをかじりました。
どんぶりで白ご飯を食べていましたが、筋肉さえつければ体脂肪は落ちます。
だんだん体が軽くなると、トレーニングへの苦痛が減ってきます。

そして現在、私は158cm、49kgまで減量できました。
一般的には少々重いのですが、体脂肪は18%! 筋肉は重いので……。

そして食事は一日六回です。
分けることには意味あります。消化するとき、人間の体は軽い運動をしている状態になるので、細かく分けて食べることで、いつでも運動している状態を保てるのです。
そうすると太りにくい!

みなさんも、できれば食事を十回ぐらいに分けてみてはどうでしょう?
(23歳:R恵)

ぽっちゃりブームとはいうけど・・・

とにかく顔の肉付きがよくて悩んでいます。
市販の小顔ローラーや、お風呂でつかう発汗マスクなどいろいろ試しましたが効果はあまりなし。母親には、年をとれば頬はこけてくるから大丈夫と言われて安心していたら、最近頬の肉が軽くたるんできて衝撃。
専業主婦で家にいる事が多いので、頬を動かす事も少ないからだろうな?なんて思っていたら、あるHPで、現代の女子はスマホのいじりすぎが顔がたるみやすくなっている。という記事を発見。
こうなったら本気でダイエットしなきゃ変わらないと思い、岩盤浴ヨガに通い始めました。
もともと新陳代謝も良くなく、夏でもほとんど汗のでない身体だった事も、お肉が減らない原因だとか。
岩盤浴ヨガで強制的に発汗させて身体を動かした結果、1日で顔周りがすっきりしました。これには驚き。
しかし、1日寝るとたるみはほぼ元に戻っているので、継続的なストレッチが必要なんだなぁと実感。
これは食生活も見直さなければ!と、18時以降何も食べないダイエットを敢行。これが結構効いていて、少しずつ顔周り、おなか周りがすっきりとしてきました。
ぽっちゃりブームとはいいますが、なんだかんだで太すぎず痩せすぎずの標準体型の方が、オシャレも決まるし、化粧も映えるし、良い事づくしなんですよね。
(23歳:K子)

アラフォーの体型維持には運動も必須

いよいよ「アラフォー」と呼ばれる年齢に突入し、ダイエットについても若いころとは違う対策が必要だな、と最近強く感じています。
自分にとっての理想体重から2~3kg増えるとチョコチョコと様々なダイエットに挑戦してきました。
若いときは、どんなダイエット方法でも1週間も頑張れば体重は元に戻るものですよね。
ところが年を取るにつれ体重の戻りは悪くなってきましたし、また、たとえ体重が自分の理想体重であっても、体型がだんだんと変化してきたのに気づいてしまいました。
ビックリしてしまうのが、ふとショーウィンドウのガラスや地下鉄の窓に映った自分の姿です。
どことなく丸みを帯びていて、「オバサン」と呼ばれるのがだんだん似合ってきたような・・・。
背中や腰のまわり、二の腕など、これまで気にしたことのなかった部位にも柔らかい肉がついてきています。
これはやはり食べ物のダイエットだけでは難しいと、最近はストレッチや簡単な筋トレも取り入れています。
とはいえ、ジムに通うなど本格的なものではなく、テレビを見ながら体操やスクワットをする、など簡単なものですが。
それでも以前に比べ、全体的に少しシャープになってきたような気がしています。
巷では筋肉量を増やすと基礎代謝量も増すとも言われていますし、しばらくこの簡単な運動を続けてみようと思っています。
(36歳・H子)